ライフステージごとに必要となってくる保障が異なってきます。その時々に、どんなリスクがあり、どのように対処すべきかも考えておきます。

1.社会人になった時

独身だから保険はいらないと思っている方も多いようですが、独身でも必要な保障があります。保険は「もしも」の時の備えです。不必要なほど加入する必要はありませんが、必要と思われる保障を負担なく支払える額で加入することが大切です。

終身保険、定額終身、変動型終身といった医療保険関係やがん保険なども考慮に値します。

2・結婚した時

共働きかどうかによっても保障が違ってきます。妻の収入によっては、高額の死亡保険に加入する必要は低いと思いますが、医療保険は必要になるでしょう。

働き手が一人の場合は、配偶者の将来の生活費を考えて、毎月の保証となる収入保障が必要かと思います。更に、一時的に多額の保証がある終身保険も将来設計に有用に働きます。

3.子供が生まれたとき

子供が独立するまでの期間は、親の死亡保障を確保する必要があります。教育費がどれくらいかかるのかも確認しましょう。また、子供の医療費も考え、家族全員のライフプランを考えた必要保証額を考えておきます。

学資保険やこども保険、また、積み立て利率変動型保険なども考えます。

4.家を建てたとき

団体信用生命保険(団信)に加入しましょう。マイホームの購入で、毎月の支払額が増えることもあるかと思います。この時点で、保険の点検を行って、適した額の支払いに収まるように考えます。

5.子供が独立した時

子供の教育費の負担もなくなり、もしもの時の保証も、子供が独立することですくなくなります。老後に向けての生活費等の保障を考慮して、保険料の見直しも必要かもしれません。

貯蓄型の変動保険、介護保険も視野に入れて考えてください。

6.退職した時

高額の死亡保障は必要性が低くなります。そして、夫婦の入院や手術に備えた医療保険の必要性が高くなります。また、介護や老後の生活費も考えなければなりません。

医療保険、がん保険、介護保険などの保障があれば安心でしょう。