高額療養費制度とは

日本の医療保障制度は、世界的にも充実した制度となっております。この高額療養費制度も、その一つで、入院や手術で多額の治療費が必要となった場合、非常に頼りになる制度です。

高額療養費制度

高額療養費制度とは、病院等医療機関や薬局の窓口で1か月位支払った自己負担額が、収入に応じて決められた一定額を超えた場合、その超えた分が高額療養費として還付される制度です。

一般的な所得(70歳未満で年収約370万円~約770万円)の場合は、次のように自己負担限度額を計算します。

1カ月の自己負担限度額={80100円+(医療費総額ー267000円)x1%

例えば、医療費総額が100万円で窓口の負担が30万円(自己負担割合が3割の人)の場合、上の式にあてはめると、自己負担の限度額は下記になります。

80100円 + (1000000円 - 267000円)x 0.01 = 87430円

したがって、支払った30万のうち、212570円が後で還付されることになります。

ただし、個室の差額ベッド代、食事代、先進医療費等のような健康保険適用外の治療にかかる費用は、高額療養費の対象外となります。詳しい限度額に関しましては、条件により異なりますので、弊社にご確認ください。

公的な医療保障制度への対応

健康保険証を持っていれば医療費の1~3割負担だけで済み、更に多額出費の場合は高額療養制度があります。ただ、少子化が進む日本では、いつまでこの制度が維持されるかがわかりません。高額療養制度の自己負担限度額も上がってきています。

また、従業員数が700名を超えるような大手で導入されている付加給付制度(1か月の自己負担限度額を2万円程度に抑える)はありますが、多くの人には該当しません。

したがって、公的な医療保障制度の上乗せとして、差額ベッド、食事代、先進医療等に対応する保険が必要かと思います。また、一般的に、医療保険は若い時に加入すると掛け金も低額ですみます。

各家庭によって、適切な医療保険も変わるかと存じますので、ご遠慮なく、弊社コンサルタントにご相談ください。

前の記事

医療保険の種類