医療保険の種類

医療保険というのは、病気やケガで入院したり手術したりした場合に備える保険です。

1.定期型と終身型

保障期間には、10年間などの期間限定保障の「定期型」と、生涯の保証が得られる「終身型」があります。働き盛りの期間に保険料を抑えて、その期間だけ保障を得たいという場合には定期型が向いております。また、退職した後の保障まで確保しておきたいという場合には、終身型が向いております。なお、定期型は保険料が更新のたびに上がっていきますが、終身型は生涯変わりません。

2.終身払いタイプと短期払いタイプ

保険料の支払い方は、「定期型」の場合は保障期間と保険料の支払期間は同じです。しかし、「終身型」の場合、生涯、保険料を支払い続ける「終身払いタイプ」と、60歳や65歳などで保険料の支払いを終える「短期払いタイプ」があります。「短期払いタイプ」は障害の保障分を一定期間で支払うことになりますので、「終身払いタイプ」より1カ月あたりの保険料が高くなります。人がいつなくなるかはわかりませんので、どちらのタイプを選択するかの判断は難しいですが、「短期払いタイプ」は長生きすればするほど費用対効果が良くなりますし、今現在の保険料負担を抑えたいという方は「終身払いタイプ」が向いています。また、その二つとは別に、保険料を一回で支払い終える「一時払いタイプ」もあります。

3.掛け捨て型と貯蓄型

医療保険に加入した後、解約した場合にお金が戻らない「掛け捨て型」と、お金が戻る「貯蓄型」があります。「貯蓄型」には、いろいろ種類があり、保障期間に生存していると生存給付金が受け取れるタイプや、期間中に入院給付金等を受け取っていない場合のみ受け取れるタイプや、貯蓄に重点を置いて投資信託と一体化した変額保険タイプなどがあります。また、「掛け捨て型」の保険料は「貯蓄型」より安いですが、実質負担(支払保険料-返戻金)は「貯蓄型」のほうが安い場合もあります。

4.告知書と引受基準緩和型

医療保険に加入する際には健康状態を告知書に記載する必要があります。そして、その内容によっては契約ができない場合もあります。このような場合に選択肢と考えられるのが「引受基準緩和型」の医療保険です。加入がしやすく、既往症があっても加入可能な場合があり、その分、保険料が一般的に高くなります。

5.女性専用の保険

通常の病気やケガによる保障だけではなく、女性特有の病気に手厚い保障がされる女性専用の医療保険があります。一般の医療保険より保障が手厚いため保険料が高めになります。通常の医療保険でも女性特有の病気は保障されますので、上乗せで保障を厚くするかどうか検討が必要です。

前の記事

税金について

次の記事

高額療養費制度とは